なにか

今日も、朝から、体調に伴う事でいろいろあって、お驚く。そんな日もあるさ、とはなかなか思えない><のが困ったものだが、それでも而今(じこん)ですね。

いろんな人が関わって下さる。これも初めての体験。甘えよう~甘えよう~、あっ、今いまでできなかったことができている!この不思議。遠慮しいの、気使い。さらばだ。

 

さよならチャーリー

と言っても映画のことではないのだけど。

 つい数日前に、何十年も続いた自転車生活に別れを告げる事になった。
今の愛車を、出町柳のあたりで信号待ちしている時に、ふらりと自転車が揺れて、少しの傾きなのに態勢を立て直せなくて、おまけに、次が踏み出せない。
何より、転倒の怖さを感じた。やっとのことで、車の少ないところを通り家までは帰ったのだけど、倒れたわけでもないのに、そのあとの脚力のなさ、腕の力の少なさに驚いて、ゾッとする。
 即座に、もっと乗りやすい(と思った)軽い、タイヤのサイズの小さなママチャリに変えようと思った。その時は、探せばいいのだと、愛車への配慮もなく考えた。それが大きな間違い。試しに乗せてもらったが、怖さも身体の芯に残っていて乗り出す前から震える。初めて乗る人のように。それでも、あんなに乗っていたのだから、私は普通に乗れるのだから、と、漕ぎ出すが、一足目は行ける、ただ次のペダルに足がかからない。持ち上げられないのだ。何とか進みだしても、安定しない。右と左のバランスが悪い。瞬間で、もう自転車は無理だと感じた。
 あっけない。。。でも、からだも頭もそういっている。
 試乗車を、頼んでいた自転車屋さんには、事情を言って、取り下げてもらった。理解してくださり、立ち話が始まる。いろいろ代案も考えてくださるが、終わりが確定する。自転車やさんは、乗られる日を待ってますと言ってくださる。そういえば、このお店で、今の愛車をいただいたのだ。これも大きなシンクロニシティ
 そして、遠出は無かったけれど、生活に食い込んでいた自転車。何十年もともにいた愛車との別れが、襲ってくる。愛車のこと考えず、さっさと次のママチャリの事を考えた自分の事も気づかされる。まるで、世界中の人が自転車と伴に生活しているのに、自分だけが、そのサークルからはじき出されたように考えていた。違うのだね。あくまでも私に起こったことで。。。今は、愛車にありがとうを言いながら、始まるてくてく生活がどんなものになるのかに思いをはせる。
たまには、愛車を曳きながら散歩をしよう。そして、自分のからだの事、ちゃんと受け止めよう。
 生活って、否応なく簡単に変わることがあるのだぁ。。。。
 できないことをできるようになることばかりを考えてきたが、できていたことが突然、できなくなることも知る。そうか〜〜
 新しいてくてくライフが続きますように。

降ったりやんだり

今日は、15日か。。。お天気は降ったりやんだりでしたが
百万遍知恩寺の手作り市は、モノともせずの賑わいだったでしょうね。
自分が初めて知った頃は、パラッパラ、ポツンポツンと広い境内にお店が、あるだけで
将来のこの姿を想像することが、とてもじゃないけど、できなかった。

さて今日は、にぎやかで活気に満ちた市に近寄ることもなく
念願の眼科へくりだす。まさか、この年にして、始めてのコンタクトを勧められて作ることになろうとは。
市の賑わいをよそに。今は試用期間なので実現するかどうかは未定ですが、これもまた予期せぬ出来事でした。

所用をいくつか済ませて帰宅。
ほんの少しの動きで疲れる身だけど、夕方、降りだしてストップしてくれた庭先をぼんやり眺める。
段々あたりが薄暗くなり、薄暮を通り越してしまったけれど立ち去りがたし。
ブルーベリーや卯の花の木の物の間に、ベゴニアや、マリーゴールド、日日草など、定番の花をいれて、
(定番じゃないのは名前を忘れる。)蹲や容器はウォーターマッシュルームが青々と咲いてくれている。
雨が続き、夏枯れの庭よりは、ずっと心を和ませてもらえる。いい涼風だなぁ。。。。
息子の発案で、小さな庭に、できたものをテーブルに持ち込んで夕食をとることにする。
長い蚊取りを引き込んで、初めてのガーデンライトをそっと使って、ほの暗い中で夕食が始まった。

静かな会話、でも、話しが始まり、深まったり、笑ったり。。。。
何も特別なことはないけれど、なんという特別な時間だろう。
喜びや、葛藤などのこれまでの積み重なり、未来への期待や心配
その中に埋もれるようにちゃんとあってくれた、今という時間。
明日も続きますようにというより、今をただ大切に慈しみながら生きたい。

ほんの少し前までは、こんな思いにもからだにもなれなかったのに。

疑ってごめんなさい。そして、サンキュー!

今日も雨模様

とても私的な事で、ベクトルは逆ですが
考えてみれば、至極怒涛のような日々が続きました。いまもまだですが。
それでも、発見や気づきなど、とんでもないと思っていたところに
大きな私にとっては、いい意味といえるような思いも生まれたり、気づかなかった大切な恥ずかしいようなこともありました。
この時に、この時だから見つかることもあるのですね。
とはいえ、下向きだった矢印が、人様たちのおかげのほんの少しでも上を向いてくれたからのように思います。
午後6時にも雨が降っています。一日中 、降ったりやんだり、小粒だったり、おおつぶだったり。

いつからだろう、こんなに長い(自分には)文章を書くのは。
而今(じこん)−ただ今を見る。  も助けてくれました。

 プレミアムカフェ選 そしてイナサは吹き続ける~風寄せる集落の11年〜

https://www.nhk.or.jp/docudocu/program/3599/2325364/index.html